□

でんさい割引についてのQ&A

本当に申込当日中に現金化できますか?
銀行営業時間中にお取引に必要な書類と電子債権をお客様のお取引先金融機関のでんさい口座から譲渡が出来れば、当社よりネットバンキングで即時送金を致します。
お申込みから最速30分で現金化いたします。
詳しくはこちらへ
でんさい割引の実績はありますか?
2013年5月より稼働しましたでんさいネットですが、全体の取引件数は飛躍的に伸びております。 当社にも徐々にお申込みが増えてきており、それに伴い割引の実績も増えております。 当社は、でんさいネットの取引金融機関を4口座ご用意しており、銀行でのでんさい割引枠も十分に確保しておりますので、大口(1億円単位)にも対応できる体制を整えております。
でんさい割引のメリットはなんですか?
紙の手形割引と違い、「必要な金額を必要なとき」にデータのやり取りだけで現金化出来ます。
当日申込、即時現金化 最速30分で現金化も出来ます。
また、現在のところでんさい(電子債権)の支払元は中堅クラス以上の企業が多く、割引料も比較的安く現金化することが出来ます。
詳しくはこちらへ
取引は安全ですか?
どんな取引にもリスクがあります。 そのリスクを知った上で取引の方法を選んだり、取引先を選んだりすることが大切です。 日栄倉庫は、手形割引業で50余年の歴史があり、インターネットのホームページ開設も2000年1月と最も早くから始めております。
でんさいネット割引の専用ホームページを開設し、でんさい割引に不慣れなお客様へ利便性が高く安心してお取引が出来るよう情報開示をしております。
日栄倉庫のホームページはこちらへ
でんさいは銀行でも割引できますか?
銀行などの金融機関は、お客様の信用状況を決算書などの書類や業暦で判断し、でんさい割引を貸付などの融資と考え取引をします。よって、割引をする電子債権の支払元の信用状況ではなく、お客様の信用状況によって取引をするかどうか判断をします。一方手形割引業者は、電子債権の支払元の会社の信用状況をあらゆる情報から総合的に判断し手形割引の可否を判断します。
でんさい割引と手形割引の違いは?
でんさい割引は電子データの取引ですから、金額の分割譲渡など自由度が高く、短時間で安全に取引(現金化)できるのが特長です。
詳しくはこちらへ
いつでも割引できるように予約は可能ですか?
「電子債権を持っているが、現金が必要な日までまだ余裕がある。」又は、「まだ電子債権は持っていないが入る予定があり、現金が必要な日が決まっている。」等のお客様は、事前にお見積と取引に必要な書類をご提出頂けば、ご予約が出来ます。現金が必要な当日にでんさいの譲渡記録発生とネットバンキングによる送金で短時間で現金化が可能です。
詳しくはこちらへ
どうやってでんさい割引業者を選んだらいいですか?
でんさい割引の専門業者はありません。 手形割引業者が取引先の金融機関にでんさいネットの口座を開設し、その口座にお客様がでんさい(電子債権)を譲渡し、手形割引業者がネットバンキングで送金する方法が一般的です。
よって、手形割引業者のホームページを良く見比べて、特にでんさい割引のページの内容に取引の流れや、でんさい割引が初めてのお客様でも分り易く説明がされている所を選びましょう。当社は「でんさい割引」の専用ホームページを開設しており、コストを掛けてお客様の利便性を高める努力をしていると自負しております。

よくあるご質問Qの該当文章をクリック(タップ)いただきますと、ご回答Aが表示されます。